無料ブログはココログ

« 年の瀬も押し迫ってまいりました。 | トップページ | 新緑の季節です »

2018年2月21日 (水)

あたたかくなってきました

こんにちは、設計室の中村ですhappy01

年があけ、新年のご挨拶blogもUPできぬまま、時は流れ・・・

あっっっbullettrainbullettrainbullettrain という間にもうすぐ3月ですdogclover

はやいですね、またしても あっっっbullettrainbullettrainbullettrain という間にお盆が来そうです・・・suncancer

今回は去る霜月、無事竣工を迎えられたO様邸をご紹介させて頂きます。

O邸新築工事(設計:藤田宜紀建築設計事務所)

Dsc_1427_2

外観。

Dsc_1389

内観。

Dsc_1403_2


和室。

今回、Oさまより生まれ育った地域の材木を使いたいという希望を頂き、ご出身地 愛媛県の木材を使って家づくり(特に構造材について使用)をさせて頂くことになりました。

プレカット直前その材料検査の為、愛媛県にも行かせて頂きました。

今回主に化粧材として使用する杉材をお願いしたのは、愛媛県中予地方にある久万広域森林組合さん。

丸太から製材までの加工状況の見学と、実際に使用する材料の検査、化粧材の面などを確認致しました。

Img_3577

Img_3571

原木 ~ 皮引き。

Img_3561

製材。

Img_3575_2


人工乾燥機。

こちらで用意して頂いた材料は材令40~60年。

長い間丁寧に久万高原町で育てられた杉材です。その丸太から製材し、乾燥機にいれること約140時間。

材料の含水率が平均20%以下になるまで乾かします。

このあとは無事に検査を通り、プレカット加工、出荷、現場の大工さんへわたり、上棟を迎えることができました。

愛媛県で加工まで行っています。

プレカットは新居浜にある、三王ハウジングさん。

材料検査後、工場見学をさせて頂きました。

Img_3597


持っている方が珍しいとされる特殊なプレカットに対応できる機械もありました!

検査に同行させて頂いただけでなく、たくさんのことを学べる素晴らしい時間となりました。

色々な人たちの協力を得て、無事竣工を迎え、お渡しすることができて本当に良かったです。

Oさまはじめ、関わって頂いたみなさま 本当にありがとうございましたconfident

Dsc_1423

エントランス。

さて、今後もたくさんの住宅をUPしていけたらと思います。

遅ればせながら、みなさま 今年もよろしくお願い申し上げますfuji

« 年の瀬も押し迫ってまいりました。 | トップページ | 新緑の季節です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451500/72971919

この記事へのトラックバック一覧です: あたたかくなってきました:

« 年の瀬も押し迫ってまいりました。 | トップページ | 新緑の季節です »