無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月14日 (火)

見学に行ってきました。

こんにちは。続きますが、設計室の中村裕ですfish
先日、設計中のお客様と一緒に構造材を見るべく和歌山の山長商店さまに見学に行ってまいりましたsign01
山長商店さまは林業から製材・乾燥・加工にいたるまで自社で一貫して生産されているという大変珍しい会社です。
山から加工まで一気にみることができるのですeye
まずは山へ案内していただきました。
Img_1869_4
 
案内していただいた方の話を聞いて、林業や第一次産業の厳しさを改めて感じます。
桧や杉が柱材などの構造材として世に出回るまで、最低でも60年の月日がかかります。
その中での成功や失敗はわかることもあるけど、見届けられないことのほうが多いのです。
そして深刻な高齢化や人手不足、、人の手が入らないといい構造材にはなりません。
そんな林業のはなしから、杉・桧の見分け方にいたるまでたくさんの説明を聞きながら山を歩きますchick
こうして大切に育てられた木々が時期を迎えると伐採され貯木場に集められます。
 
Img_1875_4
 
ここで選別・仕分がなされ、加工場へ運ばれて製材されます。
 
Img_1876_2
このあと乾燥機に入れられ、加工されていきますが
どの工程に入るにしても職人さんの目と機械によって厳密なチェックがされます。
全ての条件をクリアした材のみが山長さんの構造材として印字され出荷することが許されるのです。
 
山から工場にいたるまで、盛りだくさん見学させていただきましたsign01
目で見ることの大切さを改めて感じた一日でした、ありがとうございますhappy01
 
 

2017年初ブログです。

こんにちは、設計室の中村裕ですfish
寒さも落ち着いてきて、春を感じることが多くなってきましたねsun
と言いながら、ブログの更新を怠ってしまい今年に入って初投稿ですsweat01
本年も皆様の夢のお手伝いができるよう全力で駆け抜けていきますので、
どうぞよろしくお願い申し上げますhappy01
さて、新年あけまして1月には毎年恒例イベントの新春協力発展会がありました。
今年の業者表彰は土工事・躯体工事の尭志組さまと左官の山本組さまでした。
尭志組さまは、斜面地であろうと難しい形状の躯体であろうとドンと来いで、住まい手の安全を守る大切な基礎や躯体をつくってくださっています。
左官山本組さまは、近年若手の職人が減ってきている中、ご自身で左官山本塾を開いて働きながら技術を学ぶという新しい試みをされており、今後のご活躍がとても楽しみであります。
いつも当社にご協力していただいている業者の皆さま、
今後とも変わらぬご支援よろしくお願い申し上げますshine
続いて、昨年2人の新入社員を迎えることができましたので挨拶もさせていただきました。
二人とも緊張が感じられずとてもいいスピーチでしたhappy01
Img_1570_2
さて、今年は飛翔の年となれるよう頑張りますsign03

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »